高級ブランドの王様エルメス

高級ブランド界でも王様とされるエルメスの歴史をご紹介。

エルメスのバーキン皆さんはエルメスと言うブランドをご存知ですか?有名なブランドと言えばグッチや、ヴィトン、シャネルなどがありますが、その中でも一般人には手が出ない程の高級ブランドがエルメスです!少し前に日本中を夢中にさせた小説「電車男」の中でも出てきたブランドなので耳にした事がある方も多いのではないでしょうか。今回はそんな高級ブランドの王様エルメスがどのように王様になっていったのか、歴史を紹介したいと思います。

エルメスが始まったのは1837年と言われています。この時代は自動車やバイクはもちろん、電車や鉄道もない時代だったので移動手段の一つとして馬車がありました。現在では車がステータスであるように当時は馬車の車輪の数は、馬具と言うのがステータスでした。そんな時代の中、馬の鞍やハーネス職人として工房を構え、エルメスとしてブランドをスタートしたのが創業者の「ティエリー・エルメス」です。ちなみにヴィトンは馬車で移動の際に使う旅行用のトランクでスタートしたと言われています。

このティエリー・エルメスが作る馬具は機能性もかなり高く、おしゃれで当時は「エルメスの鞍を付ける馬は飼い主よりもおしゃれだ。」と比喩される程に人気を博していきました。ナポレオン3世の時代には皇帝御用達の馬具職人となり、万博博覧会でも出品した鞍が銀賞に輝くなど、エルメスは最高級の馬具を取扱いブランドとしてどんどん知名度を高めていきました。

しかし科学がどんどん発達していくと自動車が登場し、エルメスを含めた馬具工房がどんどん危機にさらされてきます。そんな時に立ちあがったのが3代目の「エミール・モーリス・エルメス」がファッション業界に名乗りをあげ現在のようなレザーのカバンや財布、ベルトなどのアイテムをスタートしたんです。当時はコットン製のアイテムが主流だったレディース物に大きな革命を与えたとされています。そして今では当たり前に使われているファスナーはエルメスが広めた物でファスナーがエルメス式と呼ばれていた時期もあるそうです。ここから現在のようなレザーのカバンや財布を中心としたブランドに育っていったのです。

職人と言うのは頑固なイメージがありますが、エルメスは廃業の危機を独創的なアイデアで切り抜け、現在のような高級感溢れるブランドを成長させていったのです。創業から現在への流れを簡単に説明しましたが、どんなブランドでも様々な歴史があるんです。気になる方はその他ブランドも調べてみてはいかがでしょうか。

メニュー